プロヘマチン原液の副作用を調べてわかった衝撃の事実

 

プロヘマチン原液で白髪ケアをやりたいけど副作用が気になります。

白髪だけでなく髪が薄くなってきたので、これ以上の
ダメージは避けたいからです。

抜けたら大変ですのでさっそく真相を確認。

フラコラのプロヘマチン原液を購入する前に
プロヘマチンの副作用について調べて
わかったことが衝撃でした。

⇒プロヘマチン原液は白髪に効果なしか口コミでわかった真相を見てみる

 

プロヘマチン原液の副作用について

フラコラのプロヘマチンはヘマチンが原液で配合されてます。

原液ということは濃いってこと。

濃いので効果も期待できるけど、その逆が心配。

さっそく真相を調べてみました。

結論を先に言うと副作用の心配はかなり少ないです。

もともと髪に含まれる成分で美容室では当たり前に

使われています。

 

美容室で利用されてる理由は5つあります。

 

⇒フラコラ プロヘマチン原液の詳細を公式サイトで確認

 

美容室で利用されてる6つの理由

・髪を元気にする
・アルカリ成分の除去
・活性酸素の除去
・白髪ケア
・紫外線ブロック
・髪を育てる

髪を元気にする

髪を構成してるケラチンという成分にすぐ結びつくくらい仲が良いです。

ケラチンとヘマチンが結び付くと髪が元気になります。

ケラチンはもともと髪だけでなく爪などにも含まれてます。

ケラチンが減少したりダメージを受けると髪が切れやすくなったり
パサパサに・・・・

ヘマチンはケラチンのダメージを補修のサポートをして
ツヤ髪にしてくれます。

アルカリ成分の除去

ヘアカラーやパーマ液はアルカリ性です。

アルカリ成分は髪にダメージを与えます。

パーマ後にシャンプーなどで洗い流したとしても
残ってる場合があります。

ヘマチンは残ったアルカリを除去する働きがあるので
美容室やヘアサロンで利用されてるんですね。

自宅で白髪染めやヘアカラーをした後にもプロヘマチン原液を
使うとダメージ予防になるでしょう。

ヘアカラーの色あせを防止する働きもあります。

活性酸素の除去

髪もつねに活性酸素のダメージを受けています。

いつのまにか浴びてしまう紫外線だけでなくヘアカラーを
することも活性酸素が発生。

白髪を隠すために使ってるヘアカラーや白髪染めが
ダメージを増やす原因なんてショックですね。

ヘマチンは活性酸素を除去する働きがあると言われてます。

アルカリと活性酸素は髪だけでなく頭皮にも
ダメージになります。

ヘアカラーをしたあとはプロヘマチン原液が必要ですね。

白髪ケア

ケラチンと結びついて髪のダメージをケアするだけでなく
黒髪の元、メラニン色素に関わるチロシナーゼという酵素の
働きをサポートしてくれます。

黒髪はメラニン色素でできてるんです。

メラニン色素が減少するから白髪になるわけです。

チロシナーゼが元気になればメラニンも元気になって
白髪予防につながりますね。

ヘマチン自体は黒い色をしてるので白髪をケアしてくれることが
期待できるイメージを持っています。

紫外線ブロック

顔には日焼け止めを塗っても、ついつい忘れてるのが髪。

髪は体の一番上にあるので紫外線のダメージを受けやすい・・・・

紫外線を浴びると活性酸素が発生。

ヘマチンは紫外線を吸収し活性酸素も除去し
髪へのダメージを抑えてくれます。

髪を育てる

多くの育毛剤にも配合されています。

その理由は髪を育てる働きがあるからです。

研究し分析する中でわかってのが、他にもたくさんの
働きがあることです。

ヘマチンを使うならプロヘマチン原液です。

シャンプーやトリートメントにも配合されていますが
成分はやはり濃い方がいいですからね。

⇒フラコラ プロヘマチン原液の詳細を公式サイトで見てみる

ヘマチンの原料について

血液中にあるヘモグロビンを電気分解するとヘマチンとグロビンの
2つに分離されます。

グロビンと分離されてできたのがヘマチン。

ヘマチンだけになると不安定なので再びグロビンとくっついて
安定させようとします。

でもグロビンがみつからないと他の成分を探します。

グロビンとよく似た構造を持ってるのが髪に含まれてるケラチン。

髪につけると待ってました、とばかりにケラチンと
くっつくという仕組み。

くっつく速さはスピード感があり安定度もあるのでシャンプーなどで
洗い流しても、効果なしになりにくいと言われます。

タイトルとURLをコピーしました